通信制高校ってどんなところ?

スクーリングの場所が特定されている学校

通信制高校は、日常的な通学は必要ありません。一部毎日通学できる学校もありますが、あくまでもコースなので通学頻度を減らせるコースを選べば毎日通う必要はありません。通信制高校を利用するとき、スクーリングの場所がどんなところが気になる人もいるでしょう。公立高校は全日制高校の別課程が多く、それぞれの高校の拠点があります。スクーリングはその拠点の校舎で行われるので、一般的な高校の設備になります。私立などでも全日制課程のある学校ではその校舎や設備が使えるようになっています。広域通信高校の中には、それぞれの地域に校舎を用意しているところがあります。自社の校舎もあれば、オフィスビルの一室などもあります。住所に近い校舎でスクーリングを受けます。

スクーリングの場所がその都度変更される学校

通信制高校には広域タイプがあります。拠点が一つありますが、その拠点近くに住んでいない人も広く利用できるようになっています。一応拠点に校舎を持つところもあるので、その近くに住んでいる生徒はスクーリングは拠点の校舎で行います。しかしそれ以外の地域に住んでいる人はスクーリングが参加しにくくなります。スクーリングは全国で行われますが、その都度いろいろな会場を借りて行います。その日に利用されていない学校の校舎を借りたり、オフィス街の貸し会議室などを借りて行ったりします。その都度変更されるので、生徒はそれぞれの日の実施場所などを確認しておく必要があります。近くで実施されるときに参加するなどの予定を立てたりする人もいます。