通信制高校と普通高校は何が違う?

通学する頻度に違いがある

中学を卒業すると多くの人が高校に進学します。受験をして地元にある高校などに進学します。この時の高校は多くは普通高校といわれています。全日制や学年制の所が多く、平日に毎日授業があります。単位を取るには日々の出席が重要になるため、毎日通学して授業を受けないと単位が取れなくなる可能性があります。通信制高校は、中学卒業をすれば誰でも申し込みができる学校で、学校への通学頻度が少ないメリットがあります。普段の勉強は自宅など自分のしたいところで勉強をし、スクーリングと呼ばれる面接授業に出席をすれば単位の取得ができます。スクーリングの頻度は学校によって異なり、1箇月に1回もあれば年に数回の所もあるので、通えない人に利用しやすい高校です。

学年制を取っているか単位制か

全日制の一般的な高校を普通高校と呼びます。すべてがそうではありませんが、ほとんどは学年制を採用しています。各学校で1学年ごとに決められた科目や単位があり、それをすべて取得すればそれらの単位が認められ次の学年に進めます。3年が終われば卒業になります。ただし学年で決められた単位を落とすと次の学年に移ったり卒業ができません。落第や留年となり、もう一度同じ学年をやり直す必要があります。通信制高校には学年制を採用しているところはありません。すべて単位制を採用しています。高校卒業に必要な必須単位と合計単位が決められています。1年の上限単位があるので、その中で自分で好きな単位が取れるよう科目を選びます。3年での卒業も可能です。