どんな資格がとれるの?

簿記や情報処理関係の資格が取れる

高校を卒業すると、高卒を採用したいとする会社などへの就職が可能になります。一般的な会社では高卒以上になっているため、中卒に比べると就職先が広がります。ただ、高卒資格だけを持っていてもなかなか自分をアピールできないかもしれません。通信制高校を卒業すれば高卒資格は取得できます。それ以外に就職に役立つ資格が取得できたり、そのサポートをしてくれる学校を選ぶと良いかもしれません。支援してくれる資格としては、簿記や情報処理関係があります。事務関係の仕事をする上では簿記も情報処理も必要になります。これらの知識があるとアピールできれば、企業としても教育負担が減るので採用してもらえる可能性が高まります。大学に進学したとしても活用できる資格です。

福祉関係に役立つ介護関係の資格

高齢化がどんどん進むといわれているので、福祉関係、医療関係の仕事はしばらくは無くならないかもしれません。大学においても福祉関係の内容が学べる学校が多くあります。通信制高校を卒業した後に福祉系の大学に進学して学ぶのも進路の一つになるでしょう。卒業をしてすぐに就職したいのであれば、それに役立つ資格取得をし転する学校を利用すると良いでしょう。介護職においては、最も基本とされる資格に介護職員初任者研修があります。元々ヘルパー2級と呼ばれる資格として広く知られていました。何も資格がない人よりも、取得している方が採用されやすくなります。早めに仕事を始めれば、働きながら上級の資格を取得するための経験を積めます。